Kunoichi Marketドキュメント

WordPress(ワードプレス)とは、Webサイトを作るためのソフトウェアです。オープンソースソフトウェアとして開発され、無償で利用することができます

WordPressのホームページ(英語版)

こうしたWebサイトを作るためのソフトウェアをCMS(Contents Management System = コンテンツ管理システム)と呼びます。CMSはブログのように文章を書いたり、画像や動画のようなメディアを埋め込んだり、雑誌のようなカラム型のレイアウトにしたりと、Webサイトのコンテンツを自由に作るためのシステムです。プログラミングなどの専門知識は必要ありません。

WordPressでのコンテンツ編集画面

また、メニュー(サイト内の主要なページへのリンク)や、サイトのブランディング(ロゴ画像など)、検索エンジン対策(SEO)などのWebサイトの運営に欠かせない機能も提供しています。さらにWordPressはテーマというテンプレート、そしてプラグインという機能拡張によって、カスタマイズを行うことができます。Kunoichiマーケットは拡張機能の選択肢の一つです。

  • Futuristic

    企業・教育機関に最適!

    詳細を見る »
  • WP Railways

    WordPressプラグインで、サイト内検索フォームに路線駅による絞り込み検索機能を追加 ウィジェット設置で路線と駅の選択ボタンが追加され、路線と駅の選択ダイアログを簡単に設置 路線と駅を使用する投稿タイプを選択可能 W […]

    詳細を見る »
  • Clinics

    医療機関のWebマーケティングを加速する

    詳細を見る »
テーマ・プラグインの一覧

こうした拡張性が人気の秘訣となっており、WordPressはWebサイトを作るにあたってのデファクト・スタンダード(事実上の標準)と呼べるほど多く使われているソフトウェアです。

WordPressの信頼性

WordPressは世界中で使われているWebサイトであり、そのシェアは全Webサイトの3分の1と言われています。W3Techという統計データを提供するサイトによると、WordPressのシェアは2020年4月現在で全サイトの35.2%となっています。

このシェアからもわかるように、「WordPressは無料だから素晴らしいサイトを作れない」ということはありません。むしろ、多くの人が使うWordPressだからこそ、安全で豊富な機能が提供されています。レンタルサーバーやクラウドホスティング、セキュリティなどの付随するサービスも多く、技術的な情報(Tips)も豊富に存在します。ビジネスパートナーとしてWordPressサイトを作ってくれるWordPressコンサルタントもすぐに見つかるでしょう。WordPressほど選択肢の多いソフトウェアは多くありません

WordPressの具体例

WordPressで作られた素晴らしいサイトの例は、WordPress財団が提供するショーケースで確認することができます。

ショーケースに掲載されているAdobe Blog

世界的大企業、大学・図書館などの公共施設、行政機関がWordPressを利用しています。こうした事例から、WordPressが一流の機関のためのCMSとして信頼されていることがよくわかります。

WordPressの開発体制について

WordPressはGPL 2.0以降というライセンスで開発されています。オープンソースというのは、その名の通り「ソースコードが開示され、誰でもアクセスできること」です。当然、利用も「自由に」できますので、無償で利用することができます。

自由で無料となると、ついつい「片手間のボランティアで開発されているソフトウェアなのでは?」と思ってしまいがちですが、現在のWordPressは10以上のチームからなる巨大な体制となっています。また開発メンバーもボランティアよりは特定の企業に所属し、業務としてWordPressに貢献する人が多くいます。次のような企業が挙げられます。

  • Automattic(WordPress共同創業者のMatt Mallenwegの会社)
  • Google(GoogleにはWordPressチームがあります)
  • GoDaddy(世界最大のホスティング企業の一つ)
  • WP Engine(WordPress専用ホスティングの最大手)

もちろん、微力ながらKunoichi MarketのメンバーもWordPressに貢献しています。

誰でも知っているような企業がコントリビュート(貢献)し、多くの利用者が改善要望を挙げて作られているのがWordPressです。WordPressの開発体制は通常のソフトウェアよりも遥かに大規模だと考えて間違い無いでしょう。


まとめ

  • WordPressはWebサイトを作るCMS(コンテンツ管理システム)です。
  • WordPressは世界で最も使われているCMSで、世界中のサイトの3分の1がWordPressでできています。
  • WordPressはテーマ・プラグインなどを利用してカスタマイズすることができます。
  • WordPressを利用した有名なサイトがたくさんあります。
  • WordPressはオープンソースで開発され、無償で利用できます。
  • WordPressの開発チームはとても大規模で商用ソフトウェアにひけをとりません。