表題の通り、CSVに初期値として値を入力した状態でcsvをエクルポートしたいと考えています。
具体的には「ご依頼主コード・ご依頼主電話番号・ご依頼主電話番号枝番・ご依頼主郵便番号・ご依頼主住所1・ご依頼主住所(アパートマンション名)・ご依頼主名」等です。
この辺りは固定値として入力できれば良いと思っています。

コメントをする権限がありません。ログインしてください。

  • 高橋文樹 Seller 2019年2月1日

    ヘルプページにドキュメントを追加してみましたので、ご確認ください。

    https://kunoichiwp.com/faq/filter-each-row

  • 高橋文樹 Seller 2019年2月12日

    相談です。私がCSV書き出しの際にしたい事は3つです。代引き対応の際の事です。

    条件は「支払いで「代引き」を選択した際に」という場合に下記の状態にしたいです。
    ①[送り状種別]の箇所を、「2」(コレクト)とする
    ②[コレクト代金引換額(税込)]の箇所に支払い合計金額を入れる
    ③[コレクト内消費税額等]の箇所に②の数字を元に計算された消費税額をいれる。※

    ※ショップの状況として、送料、品代共に全て税込で入力してます。ですので②の数字から計算した数字を消費税として入力したいと考えました。計算式は下記です

    ②の数字 × 8 ÷ 108 = 消費税額

    ドキュメントページのコメントにご回答します。支払い総額、消費税はそれぞれこのような感じで対応可能です。

    // フィルターフックを適用
    add_filter( 'yb2_each_row', function( array $row, WC_Order $order ) {
        // 支払い種別
        $row[1] = '2';
        $row[33] = $order->get_total(); // 支払い総額
        $row[34] = $order->get_tax_totals(); // 税金総額
        return $row;
    }, 10, 2 );
    

    また、Kuroneko Web Collectですが、このプラグインと同等の機能を持っているので、もし以下のプラグイン

    https://wordpress.org/plugins/kuroneko-pay/

    を使うようでしたら、本プラグインは必要ありません。ご希望であれば返金対応いたしますが、その場合は本サポートは利用できなくなります。

    以上、よろしくお願いいたします。

    • satoty0307 購読者 2019年2月12日 (編集済)

      機能的にはほぼ一緒ぽいですよね!
      だけどサポートが超ありがたいのでコチラを使用させて頂きます!!

      と、質問です。
      拙いphp知識で下記様の状態でcsvが意図する形で出力されているのですが、もし問題ありそうな箇所があればご教授頂けないでしょうか?
      代引きの際にB2インポートでの必須項目を入れる事が目的です。

      なおご教授頂いた
      $row[34] = $order->get_tax_totals(); // 税金総額
      でなく
      $row[34] = floor($row[33] * 8 / 108);
      としたのはヤマトの送料を入力する際に、税込金額を入力したいからです。
      CSVの代引き用の項目には全体の金額から計算した消費税が記載されてあれば問題ないと考えまして。

      $row[19] = ‘080123456’;  // 顧客電話番号
      $row[21] = ‘○○県○○市○町○○190-1’; // 顧客住所
      $row[23] = ‘○○○○○’;  // 顧客郵便番号
      $row[24] = ‘○○○○○’;  // ショップ名
      $row[39] = ‘○○○○○’;  // 顧客コード

      $payment_method = $order->get_payment_method(); // 支払い方法を取得 結果は 「square」 or「cod」 のどちらか
      if($payment_method == “cod”){
      $row[1] = ‘2’; // 代引き
      $row[33] = $order->get_total(); // 支払い総額
      $row[34] = floor($row[33] * 8 / 108); //
      }else{
      $row[1] = ‘0’; // クレジット決済の際は発払い
      }

      • 高橋文樹 Seller 2019年2月12日

        ありがとうございます。

        特に問題はないと思いますが、”WooCommerce > 設定 > 一般” か “WooCommerce > 設定 > 送料”に配送元の情報を入力する欄がありますので、そちらに入れておくといただいている情報のほとんどは入力されます。

        • satoty0307 購読者 2019年2月12日

          ありがとうございます!
          Yamato Transport B2 Settingという箇所を発見しました。
          こちらに入力したら良いのですね。

          • 高橋文樹 Seller 2019年2月13日

            そうです。そちらの設定が反映されます。

          • satoty0307 購読者 2019年3月1日

            こんにちは、ヤマトB2用のCSVに注文した商品名(できれば個数も)を出力する事は可能でしょうか?

            例えば「品名」にあたる箇所は通常だと、商品カテゴリーの名前が入りますが、ここに注文した商品名が入れられないか検討しています。
            「○○○○×1、●●●×1、▲▲▲×2、」
            の様な。

            というのも、実際に店舗で諸々テストを行いますと、発送作業を行う際に、「誰が何の商品を買ったか」の一覧表の様な物がなく、梱包、検品作業が困難な事が分かりました。

            これができれば、書き出したCSV(もしくはB2経由の送り状)をプリントアウトして、それを見ながら梱包、検品が出来るのでは、と思っておりまして。
            妙案があればお力添え頂きたく。
            お願い致します。

          • satoty0307 購読者 2019年3月1日

            追記です
            梱包・検品の際にも使う事が目的なので、バリエーションがある商品はそのバリエーションもあるとありがたいです。

            「○○○○×1、●●●(バリーションA)×1、▲▲▲×2、」

            のイメージです。

          • 高橋文樹 Seller 2019年3月1日

            いわゆるパッキングリストというやつですね。そのためには以下のプラグインがよく使われています。弊社でも納品書などにはこのプラグインを利用しています。

            https://woocommerce.com/products/print-invoices-packing-lists/

            B2用CSVにもたせることができなくもないのですが、上記プラグインだと納品書も印刷できるのでおすすめです。
            本プラグインで実現するためのコードは少々お待ちください。

          • satoty0307 購読者 2019年3月1日

            ありがとうございます!

            ご指摘頂いたプラグインで対応してみたいと思います。
            woocemmerceについて無知なもので助かります。

            取り急ぎお礼まで。

          • satoty0307 購読者 2019年3月2日

            たびたび質問恐縮です。

            配送クラスが「宅急便60サイズ」と「宅急便コンパクト」と分けており、それによって送り状種別が変わるので、その部分も書き出した状態でcsvを書き出したいと思っています。

            配送クラスを取得し、その内容次第で$row[1] の部分を分岐して吐き出させる事は可能でしょうか?

          • 高橋文樹 Seller 2019年3月6日

            これまでの情報から、すでに配送クラスについての知識はお持ちだと仮定します。したがって、注文情報$orderから配送クラスを取得する方法をご説明します。

            // 配送クラスの入れ物
            $classes = [];
            // 注文に含まれるすべての商品に対して処理
            foreach ( $order->get_items() as $item ) {
            	// 商品を取得
            	$product = wc_get_product( $item->get_product_id() );
            	if ( ! $product ) {
            		continue;
            	}
            	// 配送クラスを取得
            	$shipping_class = $product->get_shipping_class();
            	// 配送クラスがあれば追加
            	if ( $shipping_class && ! in_array( $shipping_class, $classes ) ) {
            		$classes[] = $shipping_class;
            	}
            }
            // 以下、$classes を元に処理を行う
            

            上記のような形で、配送クラスに応じた配送区分の決定ができるかと思います。

          • satoty0307 購読者 2019年3月7日

            ありがとうございます!!
            まだ試せてないのですが、やってみます。

            と最後にもう一点改善要望がありまして。

            発送する商品情報(注文情報と同義)をCSVに入れたいと考えてます。
            管理画面から注文情報を見ると「アイテム」「金額」「数量」「合計」「消費税」等の表記がありますが、
            「アイテム」×「数量」
            の情報を取得して、$row[32]に入れる事が希望です。

            注文が複数あった際にも
            商品名A×2,商品名B×1,商品名C×1
            という感じの出力が理想です。

            度々お手数かけますがよろしくお願い致します。

          • 高橋文樹 Seller 2019年3月8日

            商品名についてのリクエスト、承知しました。通販ですと、必ずしも商品名が記載されるのはよくないケースもありますので、複数選べるようなアップデートを行おうと考えています。ご期待ください。

このスレッドにはまだコメントがありません。

このスレッドをフォローしている人たち

このスレッドをフォローするにはログインしてください。

このスレッドは誰もフォローしていません。

¥980 / 年 + 初期費用 ¥1,000

WooCommerce 一括処理 配送

必須WordPressバージョン
4.7以上
テスト済みバージョン
4.9.x
必須PHPバージョン
5.4以上

ファイル

  • yamato-b2-exporter-1.1.4.zip

ドキュメント

サポートフォーラム

作者に問い合わせ

コンタクト

プラグイン/テーマの作者にコンタクトを取りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

ドキュメント

クロネコヤマト B2 CSV Exporter for WooCommerce に関して有用なドキュメントを見つけることができるかもしれません。もし見つからない場合はお気軽にリクエストをしてください。

ドキュメントを見る

サポート提供

すべてのお客様はプロダクトの制作者によってサポートを受けることができます。解決済みのスレッドを見ることもできますし、新しくはじめることもできます!

購入してサポートを受ける

スレッドを見る

プラットフォームにコンタクト

プラットフォームによるサポートが必要ですか? Kunoichiのサポートチームにお問い合わせください。

ログインしてサポートを受ける