B2用CSVには様々な項目がありますが、クロネコヤマト B2 CSV Expoterはそのすべてを埋めているわけではありません。

しかしながら、フィルターフック yb2_each_row を利用することで各行をカスタマイズすることができます。

<?php
// フィルターフックを適用
add_filter( 'yb2_each_row', function( array $row, WC_Order $order ) {
    // 営業所コードを指定
    $row[36] = '9999';
    return $row;
}, 10, 2 );

1行は100近くのセルからなっており、任意の項目を書き換えることができます。2番目の引数 はWooCommerceのオーダーオブジェクト(WC_Order)となっていますので、カスタマイズのために利用できます。

セルの番号

送り状に使われるCSVのレイアウトはクロネコヤマトのWebサイトで公開されています。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/newb2/help/manual/manual_sosa/16_exchange/exchange_01.html

PHPの配列は0から始まるので、クール宅急便にしたい場合は区分3ですから、1を引いて $row[2] = 2; とします。

利用シーン

  • 出荷予定日を注文日の3日後に決め打ちする
  • お届け完了eメールを申し込んでいる場合はそのメールアドレスを入力する
  • 冷凍食品が含まれている場合は自動的にクール便扱いにする

他に便利な用途などありましたら、コメントなどでシェアしてください。

コメントをする権限がありません。ログインしてください。

  • satoty0307 購読者 2019年2月11日

    相談です。私がCSV書き出しの際にしたい事は3つです。代引き対応の際の事です。

    条件は「支払いで「代引き」を選択した際に」という場合に下記の状態にしたいです。
    ①[送り状種別]の箇所を、「2」(コレクト)とする
    ②[コレクト代金引換額(税込)]の箇所に支払い合計金額を入れる
    ③[コレクト内消費税額等]の箇所に②の数字を元に計算された消費税額をいれる。※

    ※ショップの状況として、送料、品代共に全て税込で入力してます。ですので②の数字から計算した数字を消費税として入力したいと考えました。計算式は下記です

    ②の数字 × 8 ÷ 108 = 消費税額

  • satoty0307 購読者 2019年2月11日

    加えて、「Kuroneko Web Collect」と併用する場合の処理も教えて頂きたいです。

このヘルプにはまだコメントがありません。

このスレッドをフォローしている人たち

このスレッドをフォローするにはログインしてください。

このスレッドは誰もフォローしていません。

¥980 / 年 + 初期費用 ¥1,000

WooCommerce 一括処理 配送

必須WordPressバージョン
4.7以上
テスト済みバージョン
4.9.x
必須PHPバージョン
5.4以上

ファイル

  • yamato-b2-exporter-1.1.4.zip

ドキュメント

サポートフォーラム

作者に問い合わせ

コンタクト

プラグイン/テーマの作者にコンタクトを取りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。