Yamato B2 CSV Exporterは出荷表をエクスポートするとき、出荷日をダイアログで訪ねてきます。

バルクアクションを実行したとき

この出荷日はデフォルトで「ボタンを押したその日」となっていますが、ワークフローによってはカスタマイズすることが必要でしょう。たとえば、毎日16時に注文の出荷表をチェックし、翌日朝に集荷を依頼するようなルールになっていたとします。その場合、出荷日は翌日がデフォルトになっていることが望ましいです。

このために利用できるフックが yb2_default_shipping_date です。次のように利用します。

// デフォルトの出荷日を翌日にする
add_filter( 'yb2_default_shipping_date', function( $date ) {
    $tomorrow = current_time( 'timestamp' ) + 60 * 60 * 24;
    return date_i18n( 'Y-m-d', $tomorrow );
} );

もし、翌日が土曜日の場合は3日後にするなど、条件分岐を駆使してください。サンプルコードのようにタイムスタンプを使うのではなく、DateTimeクラスなどを利用した方が複雑な処理を行いやすいです。

また、祝日は毎年変わる上に振替休日もあるので、GoogleカレンダーAPIを利用するなど、一手間必要です。

¥980 / 年 + 初期費用 ¥1,000

WooCommerce 一括処理 配送

必須WordPressバージョン
4.7以上
テスト済みバージョン
4.9.x
必須PHPバージョン
5.4以上

ファイル

  • yamato-b2-exporter-1.1.4.zip

ドキュメント

サポートフォーラム

作者に問い合わせ

コンタクト

プラグイン/テーマの作者にコンタクトを取りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。